管理組合役員の皆様へ

管理組合役員の皆様へ

重い責任がある管理組合役員さんの大規模修繕工事に関するお悩みは、これだけあります。

1.人間関係にカドが立ちやすい

  • 理事、修繕委員の間での揉め事に発展してお互い気まずい生活になる

2.挽回出来ない

  • 同規模の工事を再度発注できる金銭的余裕がない
  • 再度のスケジュール構築する期間がない
  • 再度検討する組織メンバーの構成ができない

3.表沙汰になりにくい

  • 資産価値低減を気にして裁判や係争を敬遠する風潮がある
  • 理事の任期交替により問題が風化する
  • やがてあきらめる

4.そもそも気が付かない場合もある

  • 工事品質について知識がない為、失敗品と気がつかない
  • 同様の工事が10数年後の為、高所や隠ぺい部に手抜きがあっても普段目にしない

5.次も同様になりやすい

  • 構成される組織や人員が同様なので、取組みのどこに問題があったのか正確に把握できていない為、同様になりやすい
  • 何かある度に「揉めるマンション」として有名になっていく

そしてこのように失敗します!

技術力、経験不足からくる改修設計内容、仕様のミステイク

工事内容やマンション大規模修繕工事に見合わない施工会社の選定に関わるミステイク

長年気付かない、数年から10年程度たってから気付く場合もある

事前の合意形成や工事実施の意義、工事内容に関わる広報不足からくるミステイク

工事中の手抜きや不良工事のチェック不足からくるミステイク

この問題、

小規模マンション専門コンサルタント会社・工事会社紹介サービスが

全て解決します。

小規模マンション専門コンサルタント会社・工事会社の紹介申込み